メニュー 閉じる メニュー
国際

国際

東京五輪へ血液検査拡大、厚労省 国際基準でドーピング摘発

2019.8.4 6:18 共同通信
ドーピング検査員の養成を目的とした講習会で、模擬検査に臨む受講者=2018年7月、東京都港区

ドーピング検査員の養成を目的とした講習会で、模擬検査に臨む受講者=2018年7月、東京都港区

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けて国内で開催される国際大会や全国大会でのドーピングの血液検査を増やすため、厚生労働省が医療機関外で行う採血に関して事務手続きを大幅に簡素化する通達を各都道府 ...

関連記事 一覧へ