ウクライナが爆殺関与か ロシア思想家の娘、米当局判断

テレビ局のスタジオで座るアレクサンドル・ドゥーギン氏=2016年8月、モスクワ(AP=共同)
テレビ局のスタジオで座るアレクサンドル・ドゥーギン氏=2016年8月、モスクワ(AP=共同)
2022年10月06日
共同通信共同通信

 【ワシントン共同】米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は5日、ロシアの民族主義的思想家ドゥーギン氏の娘ダリア氏が8月にモスクワ郊外で車の爆発により死亡した事件について、ウクライナ政府関係者が関与していたと米情報機関が判断したと報じた。米政府は暗殺行為に加担しないようウクライナ政府を戒めたが、関与を否定されたという。

 米政府筋によると、暗殺の主な標的はプーチン大統領の政策に影響を与えたともいわれるドゥーギン氏だった。ダリア氏と共にイベントに参加し、同じ車で帰宅する予定を急きょ変更したため難を逃れていた。

 米政府は計画を事前に知らされていなかったという。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/