古橋アシスト、チームは敗れる 欧州CL、旗手と前田も出場

欧州チャンピオンズリーグのライプチヒ戦で競り合うセルティックの古橋亨梧(左)=5日、ライプチヒ(ロイター=共同)
欧州チャンピオンズリーグのライプチヒ戦で競り合うセルティックの古橋亨梧(左)=5日、ライプチヒ(ロイター=共同)
2022年10月06日
共同通信共同通信

 【ライプチヒ(ドイツ)共同】サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は5日、各地で1次リーグ第3戦が行われ、F組で古橋亨梧らのセルティック(スコットランド)は敵地でライプチヒ(ドイツ)に1―3で敗れ、1分け2敗の勝ち点1で同組最下位に落ちた。

 先発した古橋は0―1の後半2分に同点ゴールをアシストし、後半37分に交代。前田大然は同29分まで、旗手怜央は同37分までプレーした。

 同組でレアル・マドリード(スペイン)はシャフタル・ドネツク(ウクライナ)を2―1で下し3連勝。G組のマンチェスター・シティー(イングランド)は3戦全勝とした。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/