<デジタル発>飼料用コーンのヒグマ被害深刻 作付面積増え1・7倍に 人里へ誘因、人身被害の恐れも

2022年10月01日
北海道新聞北海道新聞

 北海道各地の飼料用トウモロコシ「デントコーン」畑で、ヒグマの食害が深刻化しています。輸入穀物の価格上昇を背景に進んだ作付面積の拡大に伴って被害額は10年前から7割も増加。クマの好物にもかかわらず、森 ...

記事全文を読む