ロシア、東南部4州を併合へ プーチン氏ら条約に調印

ロシアのプーチン大統領(タス=共同)
ロシアのプーチン大統領(タス=共同)
2022年09月30日
共同通信共同通信

 ロシアのプーチン大統領は30日、モスクワのクレムリンに上下両院議員らを集め、侵攻したウクライナで制圧した東・南部4州の併合を宣言する。4州の親ロ派代表と併合のための条約に調印。支配下に置いた4州をロシア領に組み入れて核兵器を含む武力で威嚇し、ウクライナ軍の反撃を抑え込む姿勢を鮮明にした。

 ロシア憲法は領土割譲を禁じている。4州併合によりプーチン政権は今後、領土奪還を目指すウクライナとの交渉を拒否するとみられ、対話による紛争解決は一層困難になる。2月の侵攻開始で始まったウクライナ危機は重大な局面を迎えた。(共同)

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/