プーチン氏、4州編入へ 「住民投票」87~99%賛成

「住民投票」の集計作業=27日、ウクライナ南部ヘルソン州の投票所(タス=共同)
「住民投票」の集計作業=27日、ウクライナ南部ヘルソン州の投票所(タス=共同)
2022年09月28日
共同通信共同通信

 ウクライナ東部、南部の計4州で親ロシア派がロシア編入の是非を問い実施した「住民投票」は27日、終了した。ロシアメディアによると、親ロ派は28日までに開票を終了し、87~99%が編入を支持したとの暫定集計結果を発表した。4州の親ロ派トップが近くモスクワを訪れて編入を求める意向で、プーチン大統領が近日中に編入に踏み切るとみられる。

 ウクライナのゼレンスキー大統領は27日、ウクライナ情勢を協議する国連安全保障理事会の公開会合にオンライン参加し、住民投票について「他国の領土を盗み、国際法の規範を消し去ろうと試みる最もひどい国連憲章違反だ」と訴えた。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/