米、ロシア核使用の対応策用意 国務長官も「破滅的結果」警告

国連安全保障理事会の閣僚級会合で発言するロシアのラブロフ外相(前列左端)と、ブリンケン米国務長官(右端)=22日、ニューヨーク(AP=共同)
国連安全保障理事会の閣僚級会合で発言するロシアのラブロフ外相(前列左端)と、ブリンケン米国務長官(右端)=22日、ニューヨーク(AP=共同)
2022年09月26日
共同通信共同通信

 【ワシントン共同】ブリンケン米国務長官は25日放送のCBSテレビのインタビューで、ウクライナに侵攻したロシアが核兵器使用に踏み切った場合について、米国として対応策は用意できていると説明した。「破滅的な結果になるとロシア政府が知ることが重要だ」と警告した。

 対応策の具体的な中身については明かさなかった。「第3次大戦」の勃発を食い止める内容になりそうか問われ「われわれはこの戦争を拡大させないよう決意している」とも述べた。

 ブリンケン氏は、ウクライナ東部や南部で親ロシア派が強行したロシア編入の是非を問う「住民投票」について、「見せかけ。それだけだ」と指弾した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/