ロシアで再び抗議、7百人拘束 首都など各地、動員令反対

24日、ロシア・ノボシビルスクで部分動員令の抗議デモに参加し、治安当局に拘束される人(タス=共同)
24日、ロシア・ノボシビルスクで部分動員令の抗議デモに参加し、治安当局に拘束される人(タス=共同)
2022年09月25日
共同通信共同通信

 ロシアのプーチン大統領がウクライナ侵攻を巡り21日に発表した部分動員令に対する抗議デモが24日、モスクワやサンクトペテルブルクなど各地で行われた。人権団体「OVDインフォ」によると、治安当局は計31都市で707人を拘束。21日のデモでも1300人以上が拘束され、社会不安が拡大している。

 独立系メディア「メドゥーザ」は23日、部分動員令に関連し、政府筋の話として120万人が動員されると報道。ショイグ国防相が対象とした30万人の4倍に当たる。メドゥーザは当局筋の話として、モスクワで1万6千人、サンクトペテルブルクで3200人を招集する計画とした。(共同)

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/