ウクライナ支援で連携 日チェコ外相会談

チェコのリパフスキー外相(左)と会談に臨む林外相=20日、米ニューヨーク(共同)
チェコのリパフスキー外相(左)と会談に臨む林外相=20日、米ニューヨーク(共同)
2022年09月21日
共同通信共同通信

 【ニューヨーク共同】林芳正外相は20日午後(日本時間21日午前)、米ニューヨークで欧州連合(EU)議長国を務めるチェコのリパフスキー外相と会談した。ロシアの侵攻が続くウクライナや周辺国への支援で連携する方針で一致。林氏は東京電力福島第1原発事故後のEUによる日本産食品の輸入規制の早期撤廃を重ねて要請した。

 米上院外交委員会のリッシュ議員とも面会し、日米の連携強化に向けた協力に期待を表明。リッシュ氏は日米同盟を支持する考えを示した。

 チリのウレホラ外相、アルメニアのミルゾヤン外相ともそれぞれ会談。ウクライナ情勢などで議論を交わした。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/