メニュー 閉じる

47NEWS

国際

国際

南極を喰らふ

日本から1万4千キロも離れた南極で観測隊員は一体何を食べているのだろう。11月しらせで出発した観測隊に共同通信の澤野林太郎記者が同行。南極料理人が作る南極料理を紹介しながら南極生活の裏話をお伝えします。

3月14日(125日目:あと5日)「隊員に聞く⑥」腕試しと南極料理人に 新婚1カ月の妻日本に残し

2010.3.15 7:34
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
昭和基地で料理の腕をふるう麦沢シェフ(本人提供)
昭和基地で料理の腕をふるう麦沢シェフ(本人提供)

 南極で料理の腕を試してみたい―。新婚1カ月の妻を日本に残して南極・昭和基地に渡り、隊員たちの料理を作り続けた。麦沢京介さん(33)=青森県むつ市出身=は、1年余りの任務を終え、観測船「しらせ」で妻裕子さんの待つ日本に向かっている。
 15歳で上京。老舗そば屋や多国籍料理店、ホテルのレストランで計16年、料理の腕を磨いた。しかし、いつも料理長が指示した料理だけを作る毎日だった。「自分が考えた料理を作りたい」。そんな思いが日増しに強くなっていた。
 ホテルの先輩コックに昭和基地の調理担当〝南極料理人〟の経験者がいた。知恵を絞りながら、隊員たちに食事を作る日々の話は新鮮に聞こえた。
 「南極でなら、誰の指示も受けずに自分の判断で自分の料理が作れる」。3年前、南極料理人に応募した。6年間交際していた裕子さんには内緒だった。互いに結婚を意識していたが、タイミングをつかめずにいた2人。もし選ばれれば当然、長い間離れ離れになる。
 書類審査が通り面接が決まった日、応募したことを初めて打ち明けた。「何それ。聞いていないよ」。裕子さんが怒るのも無理はなかった。
 面接が通り南極行きが決まり、麦沢さんは裕子さんに正式にプロポーズした。裕子さんは黙ってうなずいた。結婚1カ月後の昨年1月、麦沢さんは南極に旅立った。
 昭和基地では、相方の料理人篠原洋一さん(47)と食事を作り続けた。持ち込んだ食材は約40トン。隊員たちにうまいかどうか聞いて回り、限られた食材で創意工夫を凝らす。食べてくれる人をいかに楽しませ、満足させるかを考え続けた1年は、料理人としてほかでは得られない貴重な経験になった。
 オーストラリア・シドニーを経て空路、成田に帰国するのは今月中旬。空港で出迎える妻との新婚生活がやっと始まる。
 皆、夜更かしなどで生活リズムが崩れ、食事をする人が少なくなってきた。夕飯は鮭。

 

澤野林太郎

最新記事