ロシアで「停戦協議支持」55% 政権側調査と独立メディア

2022年12月01日
共同通信共同通信

 ロシアの独立系メディア「メドゥーザ」は11月30日、ロシア大統領府が独自に実施した同月の世論調査で、ウクライナとの停戦交渉を支持するとの回答が55%に上り、軍事作戦継続への支持は25%に低減したと報じた。大統領府に近い消息筋の話としている。

 7月の同様の調査では停戦交渉支持が32%で作戦継続支持が57%だったという。約4カ月で逆転したことになる。

 独立系の世論調査機関レバダ・センターのボルコフ所長はメドゥーザの取材に、和平を望む世論は9月21日に始まった部分的動員の後に高まったと指摘した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/