バンクシーは男性2人組 ウクライナ住民が目撃証言

26日、ウクライナ首都キーウ近郊ホレンカで、バンクシーの顔を見たと証言したディーナさん(左端)と友人ら。背後にバンクシーが描いた作品が見える(共同)
26日、ウクライナ首都キーウ近郊ホレンカで、バンクシーの顔を見たと証言したディーナさん(左端)と友人ら。背後にバンクシーが描いた作品が見える(共同)
2022年11月27日
共同通信共同通信

 【キーウ共同】ウクライナを11月に訪問し、首都キーウ(キエフ)や近郊で計7作品を制作したと明かした正体不明の芸術家バンクシーについて、作品の一つが描かれた建物に住む女性が26日「男性の2人組だった。普通の背の高さで、私たちと見分けがつかない白人だった」と証言した。翌日に再び現れ、支援物資を届けてくれたという。

 ディーナさん(72)が住むキーウ近郊ホレンカの建物前に救急車と大きな車の2台が止まっていて見に行ったところ、目の部分だけを出すガスマスクのようなものを着けた2人組が壁に絵を描いていた。

 ディーナさんの建物には、男性が浴槽に入る様子が描かれている。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/