中国、コロナ規制に抗議続出 デモ発生、習指導部逆風

中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市とみられる街頭で「封鎖解除」と叫ぶ人たち(「微博(ウェイボ)」から、共同)
中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市とみられる街頭で「封鎖解除」と叫ぶ人たち(「微博(ウェイボ)」から、共同)
2022年11月26日
共同通信共同通信

 【北京共同】中国で新型コロナウイルスの感染者が増加し外出規制が強まる中、住民らの抗議が26日までに各地で広がった。インターネットの交流サイト(SNS)では、新疆ウイグル自治区ウルムチ市で群衆がデモ活動をしたとする映像が流れた。北京では住民の抗議で当局が封鎖を撤回する事態も。習近平指導部の「ゼロコロナ」政策に逆風が吹いている。

 25日夜に流れた映像によると、ウルムチ市とみられる街頭で人々が「封鎖解除」などと叫んだ。現地では長らく地区ごとの封鎖や行動制限が続いているとされる。

 北京市東部では25日、住民らが規定より厳しい封鎖措置の開始に異議を唱え撤回させた。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/