台湾統一選、与党民進党が苦戦 26日投開票、総統選の前哨戦

2022年11月24日
共同通信共同通信

 【台北共同】2024年1月に予定される台湾総統選の前哨戦に当たる統一地方選の投開票が26日実施される。6直轄市を含む21の県・市長選では与党、民主進歩党(民進党)が苦戦し、最大野党、国民党は上乗せをうかがう。総統選の行方に大きく影響する台北市と北部・桃園市は最終盤まで大接戦となっている。

 統一地方選は物価高など市民生活に直接関わるテーマが主要争点になるため、通常は与党に厳しい結果が出ることが多い。選挙区をくまなく歩き一人一人に訴える「どぶ板戦術」も威力を発揮する。台湾政治の専門家は「統一地方選は、有権者が内政で与党を懲らしめる意味合いが強い」と指摘する。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/