ロシア、キューバ両首脳が会談 反米、多極化志向で一致

22日、モスクワで除幕式に参列するロシアのプーチン大統領(右)とキューバのディアスカネル大統領(ロイター=共同)
22日、モスクワで除幕式に参列するロシアのプーチン大統領(右)とキューバのディアスカネル大統領(ロイター=共同)
2022年11月22日
共同通信共同通信

 ロシアのプーチン大統領は22日、キューバのディアスカネル大統領とモスクワのクレムリンで会談した。両者は米国主導の国際秩序に対抗し、多極化した世界を目指す立場で一致した。国営テレビが中継した。

 会談冒頭でプーチン氏はキューバ革命を指導した故フィデル・カストロ元国家評議会議長と会談した思い出に触れ、ソ連時代から両国は互いを支援してきたと言及。ディアスカネル氏は、ウクライナ侵攻を理由にした欧米の対ロ制裁を「一方的で受け入れられない」と批判した。

 両者は会談に先立ち、モスクワ市内に建立されたカストロ氏の記念碑の除幕式に参列して献花した。(共同)

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/