メニュー 閉じる メニュー
国際

国際

セーリング高橋組と飯束組五輪へ 世界選手権

2020.2.15 20:28 共同通信
男子49er級レース終了直後の高橋(左)、小泉組=メルボルン(日本セーリング連盟提供・共同)

男子49er級レース終了直後の高橋(左)、小泉組=メルボルン(日本セーリング連盟提供・共同)

 セーリングの世界選手権最終日は15日、オーストラリアのジーロングで行われ、男子49er級の高橋レオ、小泉維吹組、ナクラ17級の飯束潮吹、畑山絵里組が東京五輪代表に決まった。高橋組は33位、飯束組は ...

関連記事 一覧へ