メニュー 閉じる

47NEWS

国際

国際

米議会、サウジ強硬論が足踏み 駐米大使帰任、危機去る?

2018.12.7 17:06 共同通信
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
サウジアラビア人記者のカショギ氏(AP=共同)

サウジアラビア人記者のカショギ氏(AP=共同)

 【ワシントン共同】米国在住のサウジアラビア人記者カショギ氏の殺害事件を巡り、米議会で対サウジ武器禁輸などを求める強硬論が足踏みしている。関与が疑われるサウジのムハンマド皇太子の弟で、事件後に出国し ...

関連記事 一覧へ