オレンジ色「のれん」出現/南部で干し柿作り

50メートルを超える長さのハウスに、のれんのようにつるされた妙丹柿。数カ月かけて干し柿が完成する=24日、南部町鳥舌内地区
50メートルを超える長さのハウスに、のれんのようにつるされた妙丹柿。数カ月かけて干し柿が完成する=24日、南部町鳥舌内地区
2022年11月24日
東奥日報東奥日報

 青森県南部町鳥舌内地区名産の干し柿作りが今年も始まった。日々、寒さが増す山あいの地区で、オレンジ色の「のれん」のように並んだ柿が寒風に揺れている。  同地区南側斜面で育つ小型の渋柿「妙丹柿(みょう ...

記事全文を読む