メニュー 閉じる メニュー
動画

動画

ストーリーズPLUS 43年ぶりに南極点で越冬した日本人研究者、1年の軌跡 

2021.6.7 16:04 共同通信

宇宙から飛来する素粒子ニュートリノを観測するため、日本人として43年ぶりに南極点で越冬した米ウィスコンシン大の研究員・牧野友耶さん。そこはわれわれが見たことがない「未知の色であふれていた」。時には氷点下60度以下にもなる極点での研究生活。その1年間の軌跡を追った。

関連記事(47リポーターズ) 極夜、氷点下60度の世界を歩く「未知の色であふれていた」/ニュートリノ観測、43年ぶりに南極点で越冬した日本人研究者
https://nordot.app/770930360598249472

牧野さんが撮影した「南極点タイムラプス」
https://youtu.be/HTbz9lfTfhU