ロボットで接触削減 コロナ対策の一環

2022年02月05日
共同通信共同通信

北京冬季五輪の報道陣の拠点、メインメディアセンター(MMC)の食堂では、ロボットが活躍。注文すると機械が自動で調理を開始。できあがると天井の専用通路を使ってマシンが運び、テーブルまでつり下げて配膳する。