「ロシアが核で脅迫」 ミサイル着弾の南ウクライナ原発

2022年10月03日
共同通信共同通信

ウクライナ南部ミコライウ州ユジノウクラインスクに位置する、国内2番目の規模の南ウクライナ原発。ロシア軍による9月19日のミサイル攻撃後、共同通信は日本メディアとして初めて同原発に入った。着弾点は原発の保護区域までわずか270メートル。3基の原子炉を見渡す線路から脇に進むと、えぐれた深さ2メートルの赤土の穴が現れた。