×
メニュー 閉じる メニュー
動画

動画

和歌山で震度5弱 窓ガラス割れ、職員ら避難

2021.12.3 16:00 共同通信

3日午前9時28分ごろ、和歌山県で震度5弱の地震があった。気象庁によると、震源地は紀伊水道で、震源の深さは18キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5・4と推定される。津波の心配はない。震度5弱を観測した御坊市では、市役所の窓ガラス30枚以上が割れ、書棚から書類が落ちた。市職員は「十数秒間揺れを感じた」。けが人はおらず、作業員らが破損したガラスをテープで補修するなど対応に追われた。