メニュー 閉じる メニュー
動画

動画

コロナ、重症以外は自宅療養 政府、病床不足で方針転換

2021.8.3 13:26 共同通信

政府は2日、新型コロナウイルス感染症の医療提供体制に関する閣僚会議を首相官邸で開き、入院対象を重症者らに限定する方針を決めた。肺炎などの症状がある中等症のうち重症化リスクが低い人は自宅療養とし、家庭内感染の恐れや自宅療養が困難な場合は、ホテルなどの宿泊療養も可能とする。加藤勝信官房長官は3日午前の閣議後記者会見で、事実上の方針転換に理解を求めた。