メニュー 閉じる メニュー
動画

動画

感染者数、高止まり警戒 都の会議、医療逼迫長期化

2021.1.21 19:05 共同通信

東京都の新型コロナウイルスの感染状況を分析するモニタリング会議が21日に開かれ、「新規陽性者数の増加比は低下したが、極めて高い水準にあり、引き続き厳重な警戒が必要」との見解を示した。医療提供体制は「逼迫が長期化し、通常の救急医療も含めて危機的状況にある」とした。