メニュー 閉じる メニュー
動画

動画

9千万年前のサメのトゲ発見 国内初、岩手県久慈市で

2020.7.16 17:05 共同通信

岩手県の久慈琥珀博物館と早稲田大は16日、岩手県内の約9千万年前の白亜紀の地層から、絶滅したサメの背びれのトゲの化石が見つかったと発表した。ヒボダス類というサメの仲間で、トゲ部分の化石の発見は国内で初めてという。