メニュー 閉じる メニュー
動画

動画

強制不妊 賠償請求を棄却 旧優生保護法 東京地裁

2020.6.30 18:04 共同通信

旧優生保護法下で不妊手術を強制されたとして、東京都の男性(77)が国に3千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は30日、請求を棄却した。伊藤正晴裁判長は、原告に対する手術は誤った判断によるもので「憲法で保護された、子を持つかどうか決める自由を侵害した」と述べた。