メニュー 閉じる メニュー
動画

動画

民意明確でも工事継続 沖縄県民投票1年

2020.2.23 7:01 共同通信

米軍普天間飛行場

(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡る県民投票から、24日で1年。辺野古沿岸部の埋め立てに「反対」が7割を超え、県は民意が明確になったとして政府に断念を迫ったが、移設工事は今も続き、両者の対立は膠着したままだ。