メニュー 閉じる

47NEWS

動画

動画

街道に色鮮やかな山車 370年続く北海道・姥神大神宮渡御祭

2018.8.10 19:46 共同通信
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道南部の江差町で10日、370年以上の歴史がある「姥神大神宮渡御祭」の本祭が始まった。武者人形やちょうちんで飾られた色鮮やかな山車が、江戸時代末期の面影が残る街道を巡った。町によると、ニシンの豊漁を神に感謝したのが起源で、北海道最古の祭りとされる。