メニュー 閉じる

47NEWS

動画

動画

京大iPS治験、年内移植へ パーキンソン病、世界初

2018.7.30 21:54 共同通信
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加

人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から神経のもとになる細胞を作り、パーキンソン病患者の脳内への移植を計画する京都大の高橋淳教授が30日、京大病院で記者会見して治験の実施を発表し、「治療への有力な選択肢が増えることになる」と意義を語った。こうした治験は世界初で、保険適用を目指す。