メニュー 閉じる

47NEWS

動画

動画

事前防災の過失を初認定 大川小訴訟で仙台高裁判決

2018.4.26 22:12 共同通信
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加

東日本大震災の津波で犠牲になった宮城県石巻市立大川小の児童23人の遺族が、市と県に約23億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、仙台高裁は26日、市と県に賠償を命じた一審判決を変更、約1千万円増額し約14億3600万円の支払いを命じた。争点だった震災前の市や学校の防災体制について、初めて過失を認定。浸水予想区域外だった大川小への津波の危険性を予見できたと判断した。