メニュー 閉じる

47NEWS

動画

動画

神戸製鋼 新たな不正判明 社長は辞任 データ改ざんで

2018.3.6 19:08 共同通信
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加

神戸製鋼所は6日、一連の製品データ改ざん問題の責任を取り、川崎博也(かわさき・ひろや)会長兼社長(63)が4月1日付で辞任すると発表した。次期社長は近く開催する取締役会で決定し、公表する。不正の温床となったアルミニウム・銅事業部門を担当する金子明(かねこ・あきら)副社長(63)も辞任する。