【速報】正倉院で「開封の儀」 年に1度、宝物点検も

2022年10月06日
共同通信共同通信

奈良時代の聖武天皇ゆかりの品やシルクロードを経て大陸から伝わった歴史的宝物が数多く保管されている奈良市の正倉院で6日、年に1度宝庫の扉を開ける「開封の儀」が執り行われた。宮内庁によると「閉封の儀」の12月2日まで約9千件の宝物の点検や調査を実施する。