【速報】「暖房ない冬」迫るウクライナ 国境なき医師団が支援活動

2022年12月04日
共同通信共同通信

ロシアの侵攻が続き、極寒の冬が迫るウクライナ全土で「国境なき医師団(MSF)」が活動している。傷病者や避難民を各地から受け入れる西部ビンニツァ州でも支援を加速。エネルギー施設への攻撃で停電が頻発し、暖房を満足に使えない現場では、氷点下20度にもなるこれからの寒さに不安を募らせていた。