佐川氏が改ざん方向性決定、大阪地裁 職員自殺、賠償請求は棄却

2022年11月25日
共同通信共同通信

森友学園に関する財務省の決裁文書改ざんを苦に自殺した近畿財務局の元職員赤木俊夫さん=当時(54)=の妻雅子さん(51)が、改ざんを主導したとされる佐川宣寿元国税庁長官に1650万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は25日、佐川氏が改ざんの方向性を決定付けたと認定した。一方で佐川氏個人の賠償責任を否定し、雅子さんの請求を棄却した。