ジャワ地震、死者268人 学校倒壊、子ども多数犠牲

2022年11月23日
共同通信共同通信

インドネシア国家災害対策庁は22日、ジャワ島西ジャワ州で発生した地震の死者が268人、行方不明者が151人に上ったと発表した。負傷者は1083人。被害は首都ジャカルタ南東約75㌔のチアンジュール県と近郊に集中し、住宅やイスラム寄宿学校、病院、政府施設も損壊した。地元当局者は、学校が倒壊し多数の子どもが死亡したと明らかにした。被害が集中した同県チュゲナンの小学校は校舎のほとんどが、がれきに埋め尽くされていた。教室の机の上で開かれたままのノートを壁の破片が覆い、隅にはサンダルが散乱。被災時の混乱を物語る。