【速報】民家に猫170匹放置 「多頭飼育崩壊」状態に

2022年11月22日
共同通信共同通信

群馬県高崎市の民家に約170匹の猫が放置されていたことが、動物愛護団体「群馬わんにゃんネットワーク」(同市)への取材で分かった。飼い主の60代男性は病気で1カ月以上入院。繁殖しすぎて飼育できる範囲を超えた「多頭飼育崩壊」の状態とみられる。同団体はインターネットで避妊去勢手術に充てる寄付を募っている。