×
メニュー 閉じる メニュー

ORICON

全国52参加新聞社と共同通信のニュースを束ねた47NEWSにオリコンがエンタメニュースを提供。芸能、音楽、映画・アニメなどの旬な話題を掲載しています。

コロッケにあらず、ギョロッケなんです 

2007.11.29 10:00 共同通信
この写真で「あ、ギョロッケだ!」と分かる人はいないだろう
この写真で「あ、ギョロッケだ!」と分かる人はいないだろう

 コロッケのようでコロッケにあらず。一口かじると、薩摩揚げのような歯ごたえ。その正体は・・・・佐賀の日常食・ギョロッケなのだ。

 発端は、1ヶ月ほど前、佐賀新聞社のコミュニティサイト「ひびの」で出会った女性からから「佐賀にはギョロッケがある」というネタを提供されたこと。佐賀新聞社の知人N氏に「記事を書いてよ」とお願いしたところ、Nさんが上京の際に「記事より実物」と手みやげに持ってきてくれた。

 別名「魚ロッケ」とも呼ばれ、魚のすり身(練り物)にパン粉を付けてコロッケのように揚げた食品である。カレー味やあっさり塩味など、メーカーやお店によって味は多種多様。でも、それらをまとめて「ギョロッケ」と呼ぶのだそうだ。

gyorokke02.jpg Nさんが持ってきてくれたのは「九州・佐賀発ミンチコロッケ天」というラベルの10個パック。メーカーは野中蒲鉾。値段は500円。飛行機に乗る前にNさんの奥さんが買いに走ってくれた揚げたて。このギョロッケには、黒砂糖やハチミツなどの隠し味が使われていて、タマネギがたっぷり入っていた。

 Nさんを囲んで、職場の仲間とギョロッケをいただきながら、しばしGOHAN歓談。Nさんは「ぼくらは子供のころから当たり前のように食べてましたからねえ」と言い、東京人の過剰反応が意外なようす。というのも、47NEWSスタッフたちは「びっくり」「食感が意外」「うまい」「ビールに合う」などと口々に言い合いながら、パクついていたからだ。

 佐賀といえば、ムツゴロウ鮨や、エツ料理、フナんコグイなど、郷土の名物料理がいくつもある。だけど、ニッポンのGOHAN的には「日常食」が基本。できれば、地元ではフツーだけど、他県の人には「えっ!」と思わせるものがよい。というわけで、「ギョロッケはどんぴしゃり!」とNさんにお伝えしておいた。これだけたくさんの人と情報が集まる東京で、ギョロッケ情報はあまりないのだから。

 Nさんがお帰りになった後、ウィキペディアを見ると、なんと「魚ロッケ」という項目があった(2007年11月16日アクセス)。それによると魚ロッケは「山口県萩市、佐賀県唐津市、大分県津久見市等の名産品」とあり、2度目のびっくり。他の地域にもギョロッケに類する食品はたくさんあるかもしれない。・・・というわけで、各地のギョロッケふう食品にまつわる情報、求ム!

 

 

あるっく@江戸 & Nさん@佐賀新聞>
住所  :唐津市を中心とした佐賀県内
オススメ:九州・佐賀発ミンチコロッケ天 (10個入り)

最新記事