×
メニュー 閉じる メニュー

【聖火リレー アラカルト】 64年五輪声援に「恩返し」 元陸上選手、プロ野球も

2021.7.8 13:00 共同通信
陸上男子100㍍の元日本記録保持者で、聖火ランナーを務める飯島秀雄さん=6月、水戸市
陸上男子100㍍の元日本記録保持者で、聖火ランナーを務める飯島秀雄さん=6月、水戸市
 陸上男子100メートルの元日本記録保持者、飯島秀雄さん(77)は「代走専門」のプロ野球選手だった異色の経歴を持つ。1964年に当時の日本記録10秒1を出し、東京五輪に挑んだが、期待された決勝進出を果たせず、今も悔いが残る。
 「前回は多くの声援をもらった。走ることで、当時の恩を返したい」とリレーに臨み、4日の最終走者として水戸市を駆けた。
 高校で本格的に陸上を始め、20歳で日本記録保持者に。競技場で多くの声援を受け、母国開催の五輪での、あまりの期待の大きさに押しつぶされそうになった。
聖火のトーチを掲げて走る飯島秀雄さん=4日夜、水戸市(代表撮影)
聖火のトーチを掲げて走る飯島秀雄さん=4日夜、水戸市(代表撮影)

 東京に続き、68年のメキシコ五輪にも出場したが、準決勝敗退。同年のドラフトで指名され、現在のロッテに入団した。「当初はランニングコーチを打診されていた」。戸惑ったが、選手を経験して指導を、と説得された。

 3年間で117試合に出場し、23盗塁。「同じ走ることでも全く違う競技。うまくいかず後悔もしたが、受けた話だからやるしかないと思った」と振り返る。

 引退後は水戸市で運動具店を経営しながら、スターターとして陸上と関わった。東京で開催された91年の世界選手権では、米国のカール・ルイス選手が世界記録9秒86を出した男子100メートル決勝で号砲を鳴らした。

 聖火リレーに備え、数十年ぶりにトレーニングを再開し「ゆっくりだが、走れるようになってきた」と話していた飯島さん。役目を果たし「ゴールできて、うれしい。選手たちはメダルに向かって進んでいってほしい」と笑顔を見せた。