メニュー 閉じる
スポーツ

スポーツ

陸上トップ選手 小中高生を指導 箱根駅伝や競歩の東洋大生 輪島合宿

2019.6.19 10:17 中日新聞
(上)西山和弥選手(左奥)や相沢晃選手(手前中央)と一緒に走り、アドバイスをもらう中高生(下)陸上を通じて交流した(右から)酒井俊幸監督、相沢晃、西山和弥、川野将虎、池田向希の4選手=いずれも輪島市マリンタウン競技場で

(上)西山和弥選手(左奥)や相沢晃選手(手前中央)と一緒に走り、アドバイスをもらう中高生(下)陸上を通じて交流した(右から)酒井俊幸監督、相沢晃、西山和弥、川野将虎、池田向希の4選手=いずれも輪島市マリンタウン競技場で

 東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)や競歩の国際大会で活躍する東洋大陸上競技部の選手らが十七日、陸上教室を輪島市マリンタウン競技場で開き、市内の小中高生四十人と交流しながら、速く走るための技術や ...

関連記事 一覧へ