部員逮捕の同志社大アメフト部は2部降格 関西学連が出場辞退の申し出受理

2022年09月16日
共同通信共同通信
宍戸 博昭 ししど・ひろあき
京都市にある同志社大学
京都市にある同志社大学

 

 関西学生アメリカンフットボール連盟は9月14日に大阪市内で開いた理事会で、現役部員4人が逮捕された同志社大アメフト部からのリーグ戦への出場辞退の申し出を受理した。

 

 同部は関西学生リーグ戦の残り6試合は不戦敗となり、1部の8チーム中最下位が決定。2部との入れ替え戦出場も辞退したため、2部への自動降格が決まった。

 今季の1、2部入れ替え戦は1部7位と2部2位による1試合を実施する。

 

 4人の現役部員は、泥酔して抵抗できない状態だった女子大学生に性的暴行をした容疑で、9月8日に逮捕された。この事態を受けて、チームは無期限で活動を停止し、9月に開幕した関西学生リーグ戦への出場を辞退すると関西学連に通知していた。