富士通、パナソニック、オービックが勝つ X1スーパーが開幕

2022年09月13日
共同通信共同通信
宍戸 博昭 ししど・ひろあき
注目のIBMのRBプレスリー(中央)=Xリーグ提供
注目のIBMのRBプレスリー(中央)=Xリーグ提供

 

 日本社会人Xリーグの最高峰X1スーパーが開幕し9月10、11日に富士通スタジアム川崎などで第1節を行い富士通、パナソニック、オービック、エレコム神戸、IBM、アサヒビールが白星スタートを切った。

 

 2連覇を目指す富士通は、RBニクソンのランやQB高木のパスで7TDを奪い、守備陣が東京ガスを完封し49―0で大勝した。

 

エンドゾーンにボールを持ち込む富士通のQB高木(18)=Xリーグ提供
エンドゾーンにボールを持ち込む富士通のQB高木(18)=Xリーグ提供

 

 オービックは今季X1スーパーに昇格した福岡SUNSを42―10で下し、パナソニックはノジマ相模原に30―10で快勝。IBMは注目のRBプレスリーがデビュー戦で1TDを挙げるなどオフェンスが好調で、胎内ディアーズを35―10で破った。

 アサヒビールはオール三菱に24―14、エレコム神戸はアサヒ飲料に17―10で勝った。

 

 今季のX1スーパーは、12チームがA、B2組に分かれて総当たりのリーグ戦を行い、各組の上位4チームが「ライスボウルトーナメント」に進出。決勝に勝ち上がった2チームが、来年1月3日の日本選手権(ライスボウル=東京ドーム)で日本一を争う。

パナソニックQBヘンダーソン=Xリーグ提供
パナソニックQBヘンダーソン=Xリーグ提供

 

 ▽A組

パナソニック、IBM、ノジマ相模原、オール三菱、アサヒビール、胎内ディアーズ

 ▽B組

富士通、オービック、東京ガス、エレコム神戸、アサヒ飲料、福岡SUNS