ベンガルズとラムズがスーパーボウル進出 NFLカンファレンス決勝

2022年01月31日
共同通信共同通信
宍戸 博昭 ししど・ひろあき
AFCチャンピオンになり表彰式でのインタビューに笑顔で答えるベンガルズのQBジョー・バーロウ(AP=共同)
AFCチャンピオンになり表彰式でのインタビューに笑顔で答えるベンガルズのQBジョー・バーロウ(AP=共同)

 

 NFLのプレーオフは1月30日(日本時間31日)、カンザスシティーなどでカンファレンス決勝を行い、アメリカン・カンファレンス(AFC)はベンガルズ(北地区1位)、ナショナル・カンファレンス(NFC)はラムズ(西地区1位)が勝ってスーパーボウル進出を決めた。

 ベンガルズは33年ぶり3度目、ラムズは3年ぶり5度目のスーパーボウル出場で、両チームの対戦は初めて。

 

 ベンガルズは、3―21からQBジョー・バーロウの2TDパスなどで追い上げ、延長の末3年連続のAFC制覇を目指したチーフス(西地区1位)を27―24で破った。

 ラムズは、QBマシュー・スタッフォードがWRクーパー・カップに2TDパスを決めるなど、得意のパス攻撃で同地区のライバル49ers(西地区3位)に20―17で競り勝った。

49ersのDBジミー・ウォード(1)にジャージーをつかまれながらゲインするラムズのWRクーパー・カップ(AP=共同)
49ersのDBジミー・ウォード(1)にジャージーをつかまれながらゲインするラムズのWRクーパー・カップ(10)(AP=共同)

 

 スーパーボウルは、2月13日(日本時間14日)にロサンゼルス郊外のイングルウッドにあるラムズの本拠地ソーファイスタジアムで開催される。

 今年で56回目となるスーパーボウルが出場チームのホームグラウンドで行われるのは、昨年のバッカニアーズ(フロリダ州タンパ)に続いて2年連続2度目で、今回のラムズはビジターチームとしての出場となる。