「今年一番の試合を」と関学大・大村監督 法大・有澤HCは「楽しみ」

2021年12月07日
共同通信共同通信
宍戸 博昭 ししど・ひろあき
阪神甲子園球場で記念写真に納まる関学大の青木勇輝主将(左)と法大の太田成哉主将=12月6日
阪神甲子園球場で記念写真に納まる関学大の青木勇輝主将(左)と法大の太田成哉主将=12月6日

 

 全日本大学選手権決勝、第76回甲子園ボウル(12月19日)で対戦する法大(関東)と関学大(関西)が12月6日、試合会場の阪神甲子園球場内で記者会見した。

 6年連続55度目の出場で、4年連続32度目の優勝を狙う関学大のDL青木勇輝主将は「この一年間、日本一になると決めてやってきた。これまでの練習や取り組みの成果を全部出したい」と言葉に力を込めた。

 就任2年目の大村和輝監督は「とにかく今年一番の試合をしたい」と、学生の奮起を促した。

 

 9年ぶりの18度目の出場で、15年ぶり6度目の甲子園ボウル制覇を目指す法大は、前回関学大と対戦した2012年は17―20で敗れている。

 法大のLB太田成哉主将は「胸を借りる気持ちで思い切りプレーしたい」と挑戦者の立場を強調。有澤玄ヘッドコーチは「(関学大は)体が大きくて強いイメージがある。どのくらい通用するのか楽しみ」と不敵な笑みを浮かべた。

 

 試合は、19日午後1時5分にキックオフを迎える。