×
メニュー 閉じる メニュー
スポーツ

スポーツ

週刊TURNOVER

共同通信社が運営するアメリカンフットボール専門のウェブマガジン。国内外のフットボールを紹介するベテラン記者のコラムや、国内注目試合の見どころやリポートなどを毎週掲載する。監修は共同通信記者で、NFLの解説者でもある宍戸博昭。

早大、明大、法大、中大が2連勝 関東大学リーグ1部TOP8

2021.10.25 12:13 宍戸 博昭 ししど・ひろあき
立教大QB宅和(10)にプレッシャーをかける法大守備陣=撮影:高木信利
立教大QB宅和(10)にプレッシャーをかける法大守備陣=撮影:高木信利

 

 学生の秋季リーグ戦は10月23、24日に各地で行われ、関東大学リーグ1部TOP8はAブロックの早大、明大、Bブロックの法大、中大が2連勝の勝ち点6とした。

 早大と明大、法大と中大は11月14日に横浜スタジアムでブロック1位をかけて対戦する。

抜群の安定感を示した早大OL陣=関東学生アメリカンフットボール連盟提供
抜群の安定感を示した早大OL陣=関東学生アメリカンフットボール連盟提供

 

 昨季関東を制し、東西大学王座決定戦として行われた「甲子園ボウル」に出場した日大は、中大に13―38で屈し2連敗となり、今季は本来の全日本大学選手権決勝として開催される甲子園ボウル出場の可能性がなくなった。

 

 早大はQB國元の2TDパス、K平田のFGなどで着実に加点し、東大に34―14で快勝した。

 明大は森川、広長らRB陣のランとQB吉田のパスで試合を優位に進め、昨年敗れた桜美林大に34―14で雪辱した。

明大オフェンスを指揮するQB吉田(1)=関東学生アメリカンフットボール連盟提供
明大オフェンスを指揮するQB吉田(1)=関東学生アメリカンフットボール連盟提供

 

 法大は第1クオーターにエースRB星野の2TDランで先行し、QB平井のパスを効果的に絡めて立教大に35―14で勝った。

 中大は相手のミスに乗じて得点を重ね、2016年以来5年ぶりに日大から勝利を挙げた。

自らボールを持って前進する日大の1年生QB金澤(8)=関東学生アメリカンフットボール連盟提供
自らボールを持って前進する日大の1年生QB金澤(8)=関東学生アメリカンフットボール連盟提供

 

 北海道学生リーグは、北海学園大が北大を21―14で破ってトーナメント戦を制し優勝。東北学生リーグは東北大がトーナメント戦決勝で岩手大を31―0でくだした。

 北海学園大と東北大は、11月3日に北海道で行われる「パインボウル」に進出。勝者は12月5日に、東京・アミノバイタルフィールドで開催される全日本大学選手権の東日本代表決定戦で、関東大学リーグ1部TOP8の優勝校と甲子園ボウル出場をかけて対戦する。

宍戸 博昭 ししど・ひろあき

名前 :宍戸 博昭 ししど・ひろあき

プロフィール:1982年共同通信社入社。運動記者として、アトランタ五輪、テニスのウィンブルドン選手権、ボクシングなどスポーツ全般を取材。日本大学時代、「甲子園ボウル」にディフェンスバック、キックオフ、パントリターナーとして3度出場し、2度優勝。日本学生選抜選出。NHK―BSでNFL解説を20年以上務めている。

最新記事