×
メニュー 閉じる メニュー
スポーツ

スポーツ

週刊TURNOVER

共同通信社が運営するアメリカンフットボール専門のウェブマガジン。国内外のフットボールを紹介するベテラン記者のコラムや、国内注目試合の見どころやリポートなどを毎週掲載する。監修は共同通信記者で、NFLの解説者でもある宍戸博昭。

レイダーズのジョン・グルーデンHCが辞任 差別表現用いた不適切発言で

2021.10.13 12:16 生沢 浩 いけざわ・ひろし
人種差別的な表現などを用いたメールを頻繁に送っていたことが発覚し辞任したレイダーズのジョン・グルーデンHC(AP=共同)
人種差別的な表現などを用いたメールを頻繁に送っていたことが発覚し辞任したレイダーズのジョン・グルーデンHC(AP=共同)

 

 NFLの人気チームレイダーズのジョン・グルーデンHCの突然の辞任が波紋を広げている。

 グルーデン氏は10月11日、過去に複数回にわたって性差別や人種差別と受け取られる言葉を使っていたことが明るみに出たことを受け、辞任を発表していた。今後はスペシャルチームコーチのリッチ・ビサーチアがHC代行を務める。

 

 今回の事例は意外なところから露見した。元々はワシントンフットボールチームの労働環境調査が進む中で、2011年にグルーデン氏から当時のワシントンのGMだったブルース・アレン氏に宛てた電子メールの中に不適切な言葉が使われているのが発覚したのだ。

 そのメールでグルーデン氏は、NFL選手会のデモリアス・スミス会長(アフリカ系アメリカ人)のことを差別的な言葉を使って名指ししたとされる。

 当時はリーグと選手会が労働協約(CBA)をめぐって対立していた時期で、NFLが選手をロックアウトする事態となっていた。

 この頃グルーデン氏は、アメリカのスポーツ専門局ESPNのアナリストで「マンデーナイトフットボール」の解説者として人気を博していた。

 

 グルーデン氏からアレン氏に宛てたメールの内容がウォールストリートジャーナル紙で報道されると米主要メディアがこれに反応、このメールだけにとどまらないグルーデン氏の不適切発言が次々と明るみに出た。

 

 NFLが女性のオフィシャル(審判員)採用を決めたときや、ラムズが同性愛者であることを明らかにしている選手をドラフト指名したときなどは、NFLのロジャー・グッデルコミッショナーに対して性差別的な言葉を使ったメールを送ったとも報道されている。

 冒頭で「複数回にわたって」と書いたが、それはむしろ日常的と言ってもいいほどの頻度だった。

 

 あらゆる差別を撲滅しようとする現在の世界的な潮流の中で、グルーデン氏の行為は許されるものではなく、辞任は当然だ。

 彼が2002年シーズンにHCとしてスーパーボウル優勝に導いたバッカニアーズは、チームの殿堂からグルーデン氏の名前を消した。

 事の重大性を考えると、グルーデン氏はNFLから永久追放となる可能性もある。

 悔やまれるのはグルーデン氏の言動がなぜこういう事態になるまで改善されなかったかということだ。

 

 1990年代後半に、イーグルスの若き攻撃コーディネーターとして注目されたグルーデン氏は、98年にレイダーズのHCに就任した。

 2002年にはバッカニアーズのHCとなり、1年目でタンパに優勝トロフィーをもたらした。

 2007年シーズン後に解任されるとESPNに引き抜かれて解説者になった。

 そして、2018年にレイダーズのマーク・デービス現オーナーの熱烈なラブコールに応える形でHCに復帰した。

 

 30代半ばでHCという要職に就き、さらに8年間もテレビのアナリストを務める上でグルーデン氏自身がなぜ差別的な言動を避けようとしなかったのか。

 私的な書簡だったら許されると思ったのか。それとも、露見するはずがないと油断したのか。

 

 もう一つ。こうなる前に、少なくともコミッショナーはグルーデン氏に忠告する機会は何度もあったはずだ。

 前述のアレン氏との間では、女性の半裸写真のやり取りをしていたというから論外である。

 グルーデン氏が忠告に耳を貸さなかった可能性はあるが、世界有数のプロスポーツリーグのコミッショナーとして、もっと強い態度で臨んでもよかっただろう。

 

 グルーデン氏はコーチとしては優秀な人材だった。解説者としてもデータとグラフィックを活用した分かりやすいプレー分析が好評だった。

 それだけに、彼の差別的な言動がここまでエスカレートする前に矯正されなかったことが残念でならない。

生沢 浩 いけざわ・ひろし

名前 :生沢 浩 いけざわ・ひろし

プロフィール:1965年生まれ。上智大卒。英字新聞ジャパンタイムズの運動部長を経て現在は日本社会人アメリカンフットボール協会の事業部広報兼強化部国際戦略担当。大学時代のアメリカンフットボール経験を生かし、フットボールライターとしても活動。NHKーBSや日テレG+でNFL解説者を務める。大学時代のポジションはRB。日本人で初めて「Pro Football Writers of America」の会員となる。

最新記事