メニュー 閉じる

47News

スポーツ

スポーツ

週刊TURNOVER

共同通信社が運営するアメリカンフットボール専門のウェブマガジン。国内外のフットボールを紹介するベテラン記者のコラムや、国内注目試合の見どころやリポートなどを毎週掲載する。監修は共同通信記者で、NFLの解説者でもある宍戸博昭。

関学大、立命大が6連勝 全日本大学選手権は東北大と金沢大が勝ち上がる 

2017.11.6 14:20
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
関学大RB高松のTDラン=撮影:Gyasan
関学大RB高松のTDラン=撮影:Gyasan

 全日本大学選手権が開幕し、東日本は東北大(東北代表)が北大(北海道代表)、西日本は金沢大(北陸代表)が島根大(中四国代表)を破り勝ち上がった。

 東北大は12月3日に東京・アミノバイタルフィールドで開催される東日本代表校決定戦で、関東学生リーグ1部TOP8優勝校と全日本大学選手権決勝(甲子園ボウル、12月17日・阪神甲子園球場)進出を懸けて対戦する。

 金沢大は11月12日に福岡・平和台陸上競技場で行われる西日本代表校決定2回戦で西南学院大(九州代表)と顔を合わせる。

 関西学生リーグは第6節を行い、関学大と立命大が6戦全勝とした。両校は11月19日に大阪・万博記念競技場で対戦する。

 関大と対戦した関学大は、第2クオーターに相手のFGのボールをエンドゾーンでキャッチしたDB小椋が100ヤードのリターンTDに結びつけた。

 関大も第4クオーターに、WR中村が100ヤードのキックオフリターンTDを記録。点の取り合いとなった試合は、関学大が42―28で制した。

 立命大は、1年生RB立川の3TDランを挙げる活躍などで、龍谷大を38―16で下した。

 関東学生リーグ1部BIG8は第5節を行い、横浜国大が5連勝。東大は国士舘大に敗れて1敗(4勝)となった。

 ▽全日本大学選手権東日本代表校決定準決勝(11月4日・仙台市陸上競技場)

    1Q 2Q 3Q 4Q 合計

東北大  0 14  0  0 14

北 大  0  3  0  0  3

 ▽同西日本代表校決定1回戦(11月5日・金沢市営球技場)

    1Q 2Q 3Q 4Q 合計

島根大  2  3  3  3 11

金沢大  0  0  6  8 14

 ▽関東1部BIG8(11月4、5日・アミノバイタルフィールド)

国士舘大53―24東 大

3勝2敗     4勝1敗

桜美林大33―0東学大

3勝2敗    5敗

横国大19―17駒 大

5勝      2勝3敗

東海大54―7一橋大

3勝2敗   5敗

 ▽関西(11月4、5日・万博記念競技場ほか)

甲南大17―7同志社大

2勝4敗   1勝5敗

京 大38―10桃山学院大

4勝2敗    6敗

立命大38―16龍谷大

6勝      2勝4敗

関学大42―28関 大

6勝      3勝3敗

金沢大のオフェンスをリードしたQB渡邉のラン
金沢大のオフェンスをリードしたQB渡邉のラン

最新記事