×
メニュー 閉じる メニュー
スポーツ

スポーツ

週刊TURNOVER

共同通信社が運営するアメリカンフットボール専門のウェブマガジン。国内外のフットボールを紹介するベテラン記者のコラムや、国内注目試合の見どころやリポートなどを毎週掲載する。監修は共同通信記者で、NFLの解説者でもある宍戸博昭。

正QBは新人ジョーンズ ペイトリオッツがニュートンを放出

2021.9.1 11:35 生沢 浩 いけざわ・ひろし
ペイトリオッツの正QBとしてプレーすることになるマック・ジョーンズ(AP=共同)
ペイトリオッツの正QBとしてプレーすることになるマック・ジョーンズ(AP=共同)

 

 NFLはプレシーズンゲームを終了し、9月9日(日本時間10日)の開幕に向けて登録ロースターを53人に絞り込んだ。

 ペイトリオッツでは昨年の先発QBキャム・ニュートンをリリースし、ドラフト1巡(全体15番目)指名のマック・ジョーンズ(アラバマ大)を正QBとすることを決めた。

 ジョーンズは12日(同13日)のホームでのドルフィンズ戦で先発デビューする予定だ。

 

 ニュートンは昨春、バッカニアーズに移籍したQBトム・ブレイディの後任として入団し、15試合でスターターを務めた。成績は7勝8敗だった。

 ビル・ベリチックHCはニュートンの貢献を強調するなど常に擁護してきたが、安定したパス攻撃を展開することができず、ペイトリオッツのオフェンススタイルにうまくフィットしなかった。

 ペイトリオッツは7勝9敗でシーズンを終え、11シーズンぶりに地区優勝とプレーオフ進出を逃し、2000年以来の負け越しを喫した。

 

 ベリチックHCにニュートンを長期に起用する考えがなかったことは、ジョーンズの指名を見ても明らかだ。

 ベリチックHCは2000年にペイトリオッツのHCに就任してから、QBを1巡で指名するのはこれが初めて。

 ブレイディという不動のエースQBが存在したからにほかならないが、少なくともニュートンはベリチックHCの長期プランでは戦力として計算されていなかった。

 

 ジョーンズは昨年、ベリチックの長年の盟友でもあるニック・セイバンHCの下で全米制覇を達成した。

 プレシーズンゲームでは、一度も先発出場することはなかったが、ニュートンの3倍以上の出場機会を与えられ、70%近いパス成功率を記録した。TDパスは一つだったが、被インターセプトもなかった。

 得点こそ少なかったが、ジョーンズが出場しているときのオフェンスは着実にドライブしており、そこが評価されたようだ。

 

 一説にはニュートンが新型コロナウイルスのワクチンを接種していないことが、この決断に影響したとも言われる。

 これはジャガーズのアーバン・マイヤー新HCの発言で、彼は一般論として「ワクチン接種の有無がロースター決定の判断材料になるかと問われれば、確かに考慮には値する」と述べている。

 ニュートンを控えに降格させるのではなくリリースしたのは、他チームと契約するチャンスを与えるためだ。

 バックアップQBとしてチームに残すには年俸が高すぎるのは事実だが、その一方でニュートンに新天地で活躍する機会を与えるという気遣いもあったはずだ。

ペイトリオッツを退団するQBキャム・ニュートン(AP=共同)
ペイトリオッツを退団するQBキャム・ニュートン(AP=共同)

 

 ただ、気になるのはジョーンズの控えQBだ。最終ロースターカット直後のペイトリオッツでは、QB登録がジョーンズしかいない。

 開幕までにおそらく先発経験のあるQBを、ジョーンズのバックアップとして獲得することになるだろう。

 

 今年の開幕カードはスーパーボウル優勝のバッカニアーズが、人気チームのカウボーイズを地元レイモンドジェームズスタジアムに迎えて行われる。

 9はこの1試合だけが行われ、日曜日に14試合、月曜日に1試合が行われる。今季からレギュラーシーズンゲームは各チーム1試合増えて、17試合となる。

生沢 浩 いけざわ・ひろし

名前 :生沢 浩 いけざわ・ひろし

プロフィール:1965年生まれ。上智大卒。英字新聞ジャパンタイムズの運動部長を経て現在は日本社会人アメリカンフットボール協会の事業部広報兼強化部国際戦略担当。大学時代のアメリカンフットボール経験を生かし、フットボールライターとしても活動。NHKーBSや日テレG+でNFL解説者を務める。大学時代のポジションはRB。日本人で初めて「Pro Football Writers of America」の会員となる。

最新記事