メニュー 閉じる メニュー
スポーツ

スポーツ

週刊TURNOVER

共同通信社が運営するアメリカンフットボール専門のウェブマガジン。国内外のフットボールを紹介するベテラン記者のコラムや、国内注目試合の見どころやリポートなどを毎週掲載する。監修は共同通信記者で、NFLの解説者でもある宍戸博昭。

「ファンの印象に残る活躍を」 CFLデビュー目指すRB李卓

2021.6.25 18:09 宍戸 博昭 ししど・ひろあき
オンラインでの記者会見に臨んだ(上段左から)LB山岸明生、OL町野友哉、K佐藤敏基(下段左から)K山崎丈路、RB李卓、LB丸尾玲寿里
オンラインでの記者会見に臨んだ(上段左から)LB山岸明生、OL町野友哉、K佐藤敏基(下段左から)K山崎丈路、RB李卓、LB丸尾玲寿里=日本社会人Xリーグ提供

 

 アメリカンフットボールの日本社会人Xリーグから、カナダのプロフットボールCFLに挑戦する選手が6月25日、オンラインで記者会見した。

 カナダと米国以外の選手を対象とした4月のグローバルドラフトで、Xリーグに所属する6選手が指名された。

 昨季オービックの日本一に貢献したRB李卓(182センチ、90キロ)は、モントリオール・アルエッツでのデビューを目指し「細部にこだわりハードワークを積み重ねる。(米プロの)NFLを目指しながら、CFLではカナダのファンの印象に残る活躍をしたい。世界に李卓というフットボーラーを認めさせたい」と抱負を述べた。


 李と同じアルエッツにドラフト2巡目で指名されたLB山岸明生(富士通、182センチ、102キロ)は「フィールドを広く守れるように、スプリントの向上を目指して練習してきた。これからチーム内での競争があるが、自分の存在をアピールしていきたい」と意気込んだ。

 CFLは東西2地区の計9チームで争われる。6選手は、7月に始まるキャンプを経て8月5日開幕の公式戦出場を目指す。

宍戸 博昭 ししど・ひろあき

名前 :宍戸 博昭 ししど・ひろあき

プロフィール:1982年共同通信社入社。運動記者として、アトランタ五輪、テニスのウィンブルドン選手権、ボクシングなどスポーツ全般を取材。日本大学時代、「甲子園ボウル」にディフェンスバック、キックオフ、パントリターナーとして3度出場し、2度優勝。日本学生選抜選出。NHK―BSでNFL解説を20年以上務めている。

最新記事