メニュー 閉じる メニュー
スポーツ

スポーツ

週刊TURNOVER

共同通信社が運営するアメリカンフットボール専門のウェブマガジン。国内外のフットボールを紹介するベテラン記者のコラムや、国内注目試合の見どころやリポートなどを毎週掲載する。監修は共同通信記者で、NFLの解説者でもある宍戸博昭。

相次ぐ大物選手の移籍志願 テキサンズのスターDEワットがFAに

2021.2.17 12:12 生沢 浩 いけざわ・ひろし
テキサンズの顔としてプレーしてきたDEワット(AP=共同)
テキサンズの「顔」としてプレーしてきたDEワット(AP=共同)

 

 NFLの最優秀守備選手賞を過去に3度も受賞し、チームの「顔」として活躍してきたDEのJ.J.ワットがテキサンズからリリースされ、このオフにフリーエージェント(FA)として移籍先を探すことになった。

 

 2011年のドラフトで1巡(全体の11番目)指名を受けて以来、テキサンズ一筋にプレーしてきた。

 NFLきってのパスラッシュの名手であるワットが入団したこの年に、テキサンズは創設10年目にして初の地区優勝を果たした。

 ワット自身がSNS動画で述べたところによると、自ら契約解除を申し入れ、聞き入れられたようだ。契約を1年残しての退団となる。

 

 ワットは退団を志願した理由を明らかにしていない。ただ、今季のテキサンズは4勝12敗に終わり、来年はデービッド・カリー新HCの下で再編成を行う。

 故障も少なくなく、現役生活も残りわずかになったワットが、新天地でまだ経験のないスーパーボウルを目指そうと決意を固めたとしても不思議ではない。

 

 気になる移籍先として二人の弟(FBデレクとOLBのT.J.)が在籍するスティーラーズの名前もあがるが、これはあくまでも血のつながりから連想されたものにすぎず、実現するかどうかは今のところは不明だ。

 

 テキサンズでは、QBデショーン・ワトソンもトレードによる放出を志願したという報道があったばかりだ。

移籍を模索していると伝えられるテキサンズのQBワトソン(AP=共同)
移籍を模索していると伝えられるテキサンズのQBワトソン(AP=共同)

 昨年の同時期には首脳陣との確執が噂されたWRデアンドレ・ホプキンスが、突然カージナルスにトレードされた。

 ワトソンの去就はまだ明らかではないが、2年で3人もの主力選手が契約途中で離脱するのは異例だ。

 

 ワトソンは昨年9月に4年の契約延長を済ませたばかりで、2025年までテキサンズとの契約下にある。

 複数の情報を総合すると、彼のメインターゲットであったホプキンス放出を事前に知らされなかったことに端を発している。

 さらに、昨年スポーツ界に大きなムーブメントを起こした人種差別反対運動にチームが消極的だったこと、新GM採用の際にキャル・マクネア・オーナーに対して数人の候補を紹介していたにもかかわらず一切考慮されず、ニック・キャセリオ氏に決まったことなどから、チームへの不信感を深めたようだ。

 

 ワトソン自身が理由を明らかにしていないので真相は不明のままだが、契約延長の数カ月後に自ら放出を希望するのはやはり尋常ではない。何か重大な問題が起きたと見るべきだろう。

 ただ、ワトソンとチームの契約条項にはトレードの禁止事項が含まれているため、ワトソンの希望通りに退団が決まるかどうかは不透明だ。

 オーナーとGMはワトソン放出に反対しているとの情報もあり、この問題は時間が経つにつれて深刻化しそうだ。

ラムズに移籍するライオンズのQBスタフォード(AP=共同)
ラムズに移籍するライオンズのQBスタフォード(AP=共同)

 

 ライオンズからの放出を希望してラムズのQBジャレッド・ゴフとの交換トレードを実現したQBマシュー・スタフォードもそうだが、このオフは選手がチームに契約解除を申し入れるケースが続出している。

 この背景には、昨年のQBフィリップ・リバース(チャージャーズからコルツ、昨季限りで引退)やQBトム・ブレイディ(ペイトリオッツからバッカニアーズ、スーパーボウル優勝)のように、長年在籍したチームを離れて新天地で成功した例があったからかもしれない。

 しかも、新型コロナウイルスの脅威で、昨日まで当たり前だったことが普通ではなくなるという事態を誰もが経験した。

 いつ終わるか分からないNFLキャリアで、自分の望むまたは自分を必要としてくれるチームでプレーしたいという願望は、今までになく強いものになっているのだろう。

交換トレードでライオンズに移籍するラムズのQBゴフ(AP=共同)
交換トレードでライオンズに移籍するラムズのQBゴフ(AP=共同)

 

 スタフォードやワットのように希望が聞き入れられる例を目の当たりにして、放出を志願するベテラン選手がこのオフは増えるかもしれない。

 

生沢 浩 いけざわ・ひろし

名前 :生沢 浩 いけざわ・ひろし

プロフィール:1965年生まれ。上智大卒。1991年にジャパンタイムズ入社。大学時代のアメリカンフットボール経験を生かし、フットボールライターとしても活動。NHKーBSや日テレG+でNFL解説者を務める。「Pro Football Writersof America」会員。

最新記事