メニュー 閉じる メニュー
スポーツ

スポーツ

週刊TURNOVER

共同通信社が運営するアメリカンフットボール専門のウェブマガジン。国内外のフットボールを紹介するベテラン記者のコラムや、国内注目試合の見どころやリポートなどを毎週掲載する。監修は共同通信記者で、NFLの解説者でもある宍戸博昭。

日大アメフト部橋詰監督退任へ チーム再建も契約更新されず

2021.1.19 9:12 宍戸 博昭 ししど・ひろあき
昨年の甲子園ボウルの前日、報道関係者の取材に応じる日大の橋詰功監督=2020年12月12日、阪神甲子園球場
昨年の甲子園ボウルの前日、報道関係者の取材に応じる日大の橋詰功監督=2020年12月12日、阪神甲子園球場

 

 日本大アメリカンフットボール部を悪質反則問題から再建した橋詰功監督(57)が8月末で退任することが1月18日、複数の関係者への取材で分かった。

 契約期間は今年8月までの3年で、橋詰監督は指導継続の希望を持っていたが、大学側が更新しないと判断したという。後任は未定。

 関係者によれば、橋詰監督は秋のリーグ戦直前の8月末ではなく、年度が替わる今春にも新体制へ引き継ぎたいと大学側に伝えているという。

 日大は2018年5月に関西学院大との定期戦で危険なタックルをして社会問題化し、橋詰監督は同年9月に就任した。

 チームは出場資格停止処分を経て19年に関東大学1部下位リーグで優勝。昨年は上位リーグを制し、東西大学王座決定戦として実施された甲子園ボウル進出を果たした。

 橋詰監督とともに就任した泉田武志コーチ(42)も契約を更新されず、退任となる。

 立命館大出身の橋詰監督は、米国へのコーチ留学や立命大などでの指導を経て、不祥事からの立て直しを図る日大の新監督に応募し、外部有識者による選考委員会で69人の中から選ばれた。

 それまでの上意下達の体質を改め、選手の自主性を重んじる指導を徹底して伝統チームを復活させた。

宍戸 博昭 ししど・ひろあき

名前 :宍戸 博昭 ししど・ひろあき

プロフィール:1982年共同通信社入社。運動記者として、アトランタ五輪、テニスのウィンブルドン選手権、ボクシングなどスポーツ全般を取材。日本大学時代、「甲子園ボウル」にディフェンスバック、キックオフ、パントリターナーとして3度出場し、2度優勝。日本学生選抜選出。NHK―BSでNFL解説を20年以上務めている。

最新記事